1st DIGITAL SINGLE

双六

2019.5.1 Release

「フリダシニモドリナサイ。」
頭の中にそのワードが叩きつけられた衝撃で、
ブクブクと湧いてきた曲。
無我夢中で突き進んできた道に突如立ちはだかる、
[真面目すぎる]という厄介なコマによって、
結局フリダシに戻ってしまう、
そんな生き方に悶えながら、
恵まれた環境に抗うように書いたが故に、
当時17の私にとっては、
ただのコンプレックスの塊の曲だった。ただ、
時を重ねて沢山の人と人生観を交わし合う中で、
フリダシに戻ることは”新たなスタート”でもあると
気づいたのだ。
だからこの曲を、Little Black Dress としての
始まりの曲に選んだ。

コンプレックスと向き合いながら生きるのは、
正直辛いこと。
この曲を出すにあたっても、
勇気が必要だったほど。
だけど、人間誰しもコンプレックスを
抱えて生きているのなら、
味方につけたもの勝ちなのではないのかと、
踏み切ってみたのだ。
あなたの”今日”の、そして”明日”の、希望となり、
次のコマへ進む勇気になりますように。
そう願って。

ちなみにMVを監督してくださった信藤三雄氏に、
「普段はグッと堪えているが、
お酒を飲んでスイッチをオフにした時にだけ
ようやく日々の鬱憤を吐き出すことができる。」
例えばそんな、
”平然を装い頑張る、人間の心の内”を表現したい
とお伝えしたら
妄想、想像以上の、あんなにも格好いい
最高のMVを作ってくださったのだ。
これを読んで是非もう一度、
いや一度と言わず何度でも観て欲しいです。